Pocko Japan

EXHIBITIONS

Sound of Waves - The Art of Collaboration

■会場

東京都港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー(フロント25F)

パークホテル東京/25F, 31F, 34F TEL : 03-6252-1111(代)

■会期

2019年6月3日(月)〜 9月1日(日)11:00〜20:00(会期中無休)

似顔絵ワークショップ

2019年6月9日(日)10:00〜17:00頃

パークホテル東京 25F

その場で、アーティストの手で描かれた

ご自身の似顔絵が完成いたします!

参加アーティスト:

足立拓人、牛久保雅美、牛木匡憲

*参加費 ¥1500〜2000/所要時間15-20分

ポートフォリオレビュー

2019年6月9日(日)11:00〜13:00

パークホテル東京 25F

若手作家にもヨーロッパデビューのチャンスが!

レビュアー:ニコラ・シュワルツ (POCKO代表)

参加無料/ひとり15分程度

希望者は、上記時間内にブック持参でお立寄り下さい

(先着順/定員に達し次第受付締切)

ロンドン/ベルリン/ミラノを拠点に約20年の歴史を誇るクリエイティブ・エージェンシー、POCKO (ポコ) がいよ いよ 「POCKO JAPAN (ポコ・ジャパン) 」を設立 。POCKOがマネジメントを行う世界中のアーティストからセレクト した20名による、本展のための特別な新作コラボレーションを発表するグループ展「POCKO PARK: SOUND OF WAVES (ポコパーク:サウンド・オブ・ウェーブス) 」を開催します!

欧州で培われたおよそ20年間に渡るPOCKOの歴史のなかで、最も得意としてきたのが「コラボレーション」。

本展 覧会では、写真/絵画/イラストレーション/アニメーションとメディウムを問わず、アーティストたちをコラボ レーションとして組み合わせ、本展のために制作された新作をお披露目します。

テクノロジーやソーシャルメディアに溢れる現代は、逆説的に、各々が個として存在することを求めているとも言えます。そこでPOCKO JAPANは、これまで共作をしたことのないアーティストたちを組合せ、ブラインドデートを仕掛けるかのように、展覧会をつくりました。

夏といえば、冒険心、探検、自由、衝動。アートホテルで知られる夏のパークホテル東京を、ホテル初めての試みとして、3フロア (25F/31F/34F) に渡ってひとつの展覧会で満たします。POCKO JAPANの仕掛けにより、真夏の冒 険心と出会いの衝動で鮮やかに彩られるパークホテル東京に、是非ご期待ください!

POCKO (ポコ) は、ロンドン/ミラノ/ベルリンに拠点を置くクリエイティブ・エージェンシー。約20年間に渡り、世界中のヴィジュアルアーティストと企業ブランドの橋渡しに尽力し、コラボレーションを生み出してきました。

POCKOはロンドン、ミラノ、ベルリンに拠点を置いてきましたが、このたび新たに東京にも設立いたします。

POCKO代表のNicola Schwartz (ニコラ・シュワルツ) は、これまでAlexander McQueen、Bjork、The Pixies、4ADRecordsとのコラボレーションを経て、共にロイヤル・カレッジ・オブ・アート (ロンドン) 卒業生である河野一郎と POCKO JAPANを運営する運びとなりました。

POCKO JAPANは、西洋と東洋の文化をPOCKOらしく橋渡ししていきます。コラボレーション、イノベーション、

トラディションそしてクリエーションの楽しさを大いに謳歌しながら、新たな価値を生み出していきます。今回は、アートホテルとして世界中から注目を集めるパークホテル東京にて、総支配人・鈴木隆行氏の協力を得て、シリーズ に渡り展覧会を企画。欧米本場の遊び心あふれるクリエーションが、東京で大きく花開きます!

Echoing a longstanding Pocko tradition of prolific collaborations, a handpicked unique selection of photographers, painters, illustrators and animators were united to work together in creating new artworks that reflect the emotions of adventure, exploration and freedom. 

The idea of a world dominated by technology and social media which ironically renders the individual more isolated than ever before, has been the driving motivation behind Sound of Waves. Our solution to this was to to pair up artists in a ‘creative blind date’ scenario, creating a dialogue where new artworks show how artistic connections can fuel growth and fruitful ideas through the merging of creative energies. 

Continuing on from the launch of the stunning first exhibition instalment, Pocko Park NowHere, commissioned by the glorious Park Hotel Tokyo, we are proud to present the group exhibition, Sound of Waves. The exhibition features internationally renowned Japanese and European artists from a range of multi-disciplinary backgrounds and will be the second instalment of our dynamic collaboration with Park Hotel Tokyo.

Venue: Park Hotel Tokyo, 25th, 31st, 34th Floors
Opening Times: 03 June - 01 September - 11:00 - 20:00 (open throughout this period)

“The breaking of a wave cannot explain the whole sea.”
— Vladimir Nabokov
Linn_Pocko_Hamada_a01.jpg

“A series of waves that meet, briefly and carry on, maybe to meet again. With the aim to fix that instant of a melting point, that rare moment where we don’t feel alone”


“These random art encounters, are like chance meetings, which are sometimes life changing and certainly devices of change. Random encounters are the spice of life and we hope to provoke unexpected yet intimate vibrations between different bodies of works and the personalities behind them”

 

Contributing Artists: Michela Picchi - Ushiki Masanori - Linn Fritz - Kyoko Hamada - Marco Oggian - Keeenue - Paul Bower - Hiro Sugiyama - Svetlana Fialova - Ichiro Kono - Martin Holtkamp - Nomoco - Van Santen & Bolleurs - Haruna Kawai - Vasty - Niky Roehreke - Lobulo Studio - Geray Mena - Atsuhide Ito - Bijou Karman - Ana Tortos - MUTE - Sugar Blood - Dave Anderson - AWolff - Carolina Niño Büro - We Think Things - Parallel - Gizmo

ExhibitionsPOCKO